So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ランプ制御で3D映像が明るくなった!!新3D対応プロジェクター VPL-HW30ES 登場! [プロジェクター]

★現在発売中のVPL-VW90ESよりも約2.7倍明るい3D映像を実現した、新型の3D対応プロジェクター VPL-HW30ES
icon を7月25日に発売すると、ソニーより発表されました。

ただし、3Dメガネと同期用のトランスミッタは別売で、同日に新3Dメガネ「TDG-PJ1」と、トランスミッタ「TMR-PJ1」が発売されます。
他にも特徴を見てみると、、、

9種類のピクチャーモードを搭載しそれぞれ2D専用・3D専用の2タイプを用意。、音に対しての画像の遅れを低減させる「ゲーム」モードを搭載。

新たなランプ制御技術を採用。映像を書き替えているときはランプ輝度を低く、書き替えが完了したとき(3Dメガネのシャッターオープン時)にランプ輝度を高めることで、いちだんと明るく、くっきりとした3D映像を再現。これにより、さらにクロストークも低減されるという。


icon
icon
VPL-HW30ES
icon
nice!(0)  トラックバック(0) 

VPL-VW90ESに映画館用の3Dメガネを使ってみる!(その3) [プロジェクター]

★XpanDの3Dメガネ X103の利点は、ソニーの純正TDG-BR100より映像が明るいこと。それは、偏光フィルターの透過率にあると感じた。

同時期に発売されたJVC(ビクター)の3D対応プロジェクター DLA-X7/X3/X9 よりVPL-VW90ESの方は画像が暗いと言われていたが、、「面一括駆動方式」のDLA-X7/X3/X9
と「順次駆動方式」のVPL-VW90ESの違いによるものだけではなく、使用する3Dメガネの性能にも関係している気がしてならない。

よく、3Dが映画館で上映され始めた頃のXpanDは二台の映写機を使用するIMAXに比べて暗かったので、アバターが公開された頃からはIMAXの劇場に足を運ぶ様にしていた。

しかし、ある記事を読んでからは、「そうだったのか!」と納得してしまった。それは、紹介するリンクを張ったページをよく読んでいただきたい。今後、3Dメガネの改善で将来画質が向上する余白部分が、アクティブシャッター方式の3Dメガネにはあるという!

3D画質、進化へのキーデバイスは「3Dメガネ」 (AV watch)


★本日、3Dブルーレイの「トロン レガシー」がAmazonより到着した。XpanDの3Dメガネ X103とソニーの純正TDG-BR100で見比べてみることにします。


icon
icon

icon
icon
VPL-VW90ES
icon




nice!(0)  トラックバック(0) 

VPL-VW90ESに映画館用の3Dメガネを使ってみる!(その2) [プロジェクター]

★XpanDのユニバーサル3Dメガネ X103は、現在XpanD方式で上映されている映画館で使用されているモデルX101(レッドカラーが特徴)と比べて、本体の軽量化、透過率の向上している。



X103の重量は56g、ソニーのTDG-BR100は77gで、21gも軽い!映画は2時間位なので、やはり軽いほうがいい。ソニーも最近2世代目の3DメガネTDG-BR250を販売開始したようで、これの重さは約61gと軽くなっている。また電池式からUSBで充電する内蔵リチウムイオン充電式に変更され、約3分の充電で、約3時間使用できる「クイック充電」に対応。使い勝手が良くはなってきている。ただしTDG-BR250にはVPL-VW90ES用に使うための偏光フィルタが販売されていない。サイズも違うので付属のモノも流用できないのが残念だ。ぜひとも、VPL-VW90ES開発者の方々TDG-BR250用偏光フィルタの販売検討お願いします。

icon
icon
VPL-VW90ES
icon



nice!(0)  トラックバック(0) 

VPL-VW90ESに映画館用の3Dメガネを使ってみる!(その1) [プロジェクター]

★3D対応のSXRDプロジェクター「VPL-VW90ES」には、3Dメガネ「TDG-BR100」が2個付いている。これはBRAVIA用のモノとまったく同じだけれど、スクリーンに投影するプロジェクターの場合はメガネに偏光板を付ける必要がある。

そんなわけで、VW90ESの3Dメガネには偏光板が貼り付けてある。BRAVIAの場合は、テレビ側に偏光板があるためメガネに必要ない分明るく見れるということと、液晶シャッター付きメガネと照明の干渉によるフリッカーがないという利点がある。デメリットとしては首を傾けると色合いがおかしくなり、クロストークが増えてしまう。逆に言うとプロジェクターにはそれが無いので、寝転んで見ても大丈夫!


それでは、映画館ではどうか?!3Dは色々な方式があるが、同じアクティブシャッター方式を採用しているのはXpanD社の3Dを導入している映画館。導入コストが安い(今まで使っていたスクリーンがそのまま使える)ため、世界中多くの映画館で採用されている方式だ。


そのXpanD社が、各社の3Dテレビや劇場3D作品にも使えるユニバーサル仕様の3Dメガネを出してきた!!XPAND ユニバーサル 3Dメガネ X103がそれで、現在アマゾンで購入することができる。もともと偏光板がメガネ自体に入っているため、プロジェクターでそのまま使える。



先日、購入した商品が手元に届いたので、純正品と見え方がどう違うのか検証してみたい。



icon
icon
VPL-VW90ES
icon



nice!(0)  トラックバック(0) 

フルハイビジョン動画のDSC-HX5発送通知が来た!!(その1) [Cyber-Shot (サイバーショット)]

AVCHDでフルハイビジョンが撮れるサイバーショットDSC-HX5V
iconがクロネコヤマトで本日到着。

さっそく開封。今まで使っていたDSC-WX1よりは大きいが、これはこれでとてもコンパクト
もって見てこちらのほうが握り易いと感じた。
ストラップは最初からついているのですね~。

DSC00562.jpg

この大きさででAVCHDでフルハイビジョンが撮影できるとは、ハンディカムの初代HC1から使ってきた身にとっては驚きを隠せないです。

後日、最新ハンディカムHDR-CX550V
iconとの撮影を比較してみます!!


nice!(0)  トラックバック(1) 

パソコン/iPhone用のメモソフト「Evernote」が日本語化、ソニーVAIOにも標準搭載へ [VAIO (バイオ)]

★ Evernoteは、テキストや画像、音声、マウスやタッチパネルから入力した手書き文字などのメモをサーバーに保存し、様々なデバイスから利用可能にするサービス。

クライアントソフトはパソコン版(WindowsとMac)とスマートフォン版(iPhone、Android、Windows Mobile、BlackBerryなど)がある。画像に含まれる文字もサーバー上で認識して検索できるため、保存したメモを検索しやすいのが特徴。

Evernoteは2008年6月に一般公開されたサービスで、今回それが日本語化されて、より敷居が低くなって使いやすくなった様子。

米国で販売しているVAIOではすでにEvernoteがバンドルされていて今後、日本で販売するVAIOやNTTドコモが販売するソニー・エリクソン製のAndroid携帯電話「Xperia」にもバンドルする予定。


Evernote日本語版ブログ

Evernote日本語版プレビュー

Evernoteハンドブック



nice!(0)  トラックバック(0) 

★名古屋の栄にソニーストアが3月13日(土)オープン! [ソニーストア名古屋]

名古屋の栄にソニーストア名古屋が3月13日(土)オープン

今まで、ソニービル名古屋で行われていた講座「ITエンターテインメントセミナー名古屋校」もこちらに移転するようで、販売だけでなく、ソニー商品の総合的サポートも行っていく模様。

「ITエンターテインメントセミナー名古屋校」 移転およびセミナー運営に関するお知らせ

アップルストアが、同じ栄にあり、そこではアップル商品に関するアフターサポートをネットで予約してできるようになっている。それと同じようなことが出来るのかもしれない。

当日は、限定商品やら、14日(日)には中西哲生さんが登場して大いに盛り上がる様子。

1・2階にソニーストア名古屋が入る「セントライズ栄」ビルは、地上12階、地下2階の複合ビルで、建築家・安藤忠雄氏による設計で注目を集めているビルで、実はビル自体は2月25日からOPENしている。

今日、は同ビルの2階で本日オープンした「フリーカフェ 播磨屋ステーション」のチラシが配くばられていた。兵庫県の老舗のおかき処が出店した無料試食ショップ。

他のも、味噌カツの「矢場とん」、味噌煮込みうどん本家「山本屋本店」が出店。
なごやめしも堪能できるでかんわ。みんな、楽しみにしてちょーよ。(名古屋弁です)


icon
icon
nice!(0)  トラックバック(0) 

typeP ソニースタイルでオーダーしたものの・・・ [VAIO (バイオ)]

★久々の更新です。

typeUの後継機種を期待していたけれど、スマートフォンとモバイルノートの中間を埋めてくれる存在として type P iconが登場したので、ソニースタイルでオーナーメードしてみることにした。

オーナーメード内容は以下の通り。

  VGN-P90HS (Home Basic)         大容量バッテリー(ブラック)       Bluetooth搭載       オニキスブラック        Webカメラなし       SSD 約64GB (64GB×1)         日本語配列キーボード       Atom Z540 (1.86GHz)/メモリー 2GB(オンボード)       ワイヤレスWANなし(オニキスブラック)   ウォールマウントプラグアダプターあり       ワイヤレスLAN 802.11bgn搭載       ワンセグなし/WWANなし      ATOK 2008 for Windows(30日期間限定版)     ディスプレイ/LANアダプター       キャリングポーチ(グリーン)「VGP-CPP1/G」

これで、1月9日に注文したけれど、お届け日は2009年02月下旬となっている。
店頭モデルだとスグに手に入れることができるのだけれど、いろいろ出ている使用レポートを見ているとAtom Z540 (1.86GHz)にして正解だったと思う。

しかし、商品が届くのがまだ一か月先とは・・・トホホ。

iconicon

VAIO type P オーナーメードモデル icon
nice!(0)  トラックバック(0) 

typeZでハイビジョン編集 (その1) [VAIO (バイオ)]

DSC03329.JPG
★8月9日にtypeZが発売になってから、近くの家電量販売店に行ってみたものの、typeSは置いてあるのに
typeZは展示すらしていない店が多かった。
コジマでようやく展示してある店を見つけたけれど、すでに売りきれて在庫なし。取り寄せになるとのこと。もともと入荷数が少ないようで、店頭で買う人が少ないと見込んでいるよう。やはりsony styleカスタマイズして買うのがtypeZの正しい買い方だと思ってしまった。




テクノラティプロフィール
nice!(0)  トラックバック(0) 

今年も登場! XYZシリーズの2008年版バージョンアップディスク [カーナビ]

★今年も出ました、ソニーカーナビXYZシリーズの2008年度版バージョンアップデスク icon

純正ナビ全盛のため、カーナビ市場から撤退のムードだったのですが、ポータブルナビ再ブームのキッカケをつくったnav-uで復活。他社からも同様のポータブルナビが発売される等しました。

リスナーブルで取り付け取り外し簡単。しかもナビ一台で複数の車に使える利便性。その元祖とも言えるがXYZシリーズでした。

自分もNV-XYZ88が現役で大活躍しています。地図の更新がストップした時点で終わりかな?とも思っていたのですが、こうして毎年新しい地図が出てくることは、次回も同じメーカーから新商品を買うときにも安心できます。

だって、サポートがいい加減なメーカーの商品なんて、二度と買いたくないですからね。

iconicon


NV-XYZ777EX/777LE/777/88/77/55/33用  バージョンアップディスク SDRM-XYZ9 icon
nice!(0)  トラックバック(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。